表面積(読み)ヒョウメンセキ

  • ひょうめんせき ヘウ‥
  • ひょうめんせき〔ヘウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立体の表面の面積のこと。多面体、柱体、錐体(すいたい)の表面積は、その表面を平面上へ広げてできる図(展開図)の面積である。球面の場合は、円に外接する正2n角形をつくり、一組の対辺と円との接点を両端とする直径を軸として回転してできる立体の表面積をSとする。nを無限に大きくしたときのSの極限値が球の表面積である。回転体の表面積も同じように考えられる。一般の曲面の表面積の定義はもっと複雑である。

[栗田 稔]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表面積の関連情報