凄・淒(読み)せい

精選版 日本国語大辞典の解説

せい【凄・淒】

〘名〙 (形動タリ)
① さむいこと。つめたいこと。また、そのさま。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉湘南雑筆「見る所凄(セイ)として寒色を帯びざるはなし」 〔詩経‐邶風・緑衣〕
② すさまじいこと。また、そのさま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android