緑衣(読み)りょくい

精選版 日本国語大辞典「緑衣」の解説

りょく‐い【緑衣】

〘名〙
緑色衣服。また、鸚鵡(おうむ)の羽のたとえ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・聞大宋商人献鸚鵡〈大江佐国〉「巧語能言同弁士、緑衣紅觜異衆禽」 〔禰衡‐鸚鵡賦〕
② (みどりは間色でいやしいとされたところから) いやしい者の着るきもの。いやしい衣服。〔詩経‐邶風・緑衣〕
③ 六位の官人の着る緑衫(ろうそう)
平家(13C前)七「ともの宮人おしなべて、緑衣の袖をぞしぼりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緑衣」の解説

りょく‐い【緑衣】

緑色の衣服。
六位の官人が着た緑色のほう緑衫ろうそう。みどりのころも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android