緑衣(読み)リョクイ

精選版 日本国語大辞典の解説

りょく‐い【緑衣】

〘名〙
① 緑色の衣服。また、鸚鵡(おうむ)の羽のたとえ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・聞大宋商人献鸚鵡〈大江佐国〉「巧語能言同弁士、緑衣紅觜異衆禽」 〔禰衡‐鸚鵡賦〕
② (みどりは間色でいやしいとされたところから) いやしい者の着るきもの。いやしい衣服。〔詩経‐邶風・緑衣〕
③ 六位の官人の着る緑衫(ろうそう)
※平家(13C前)七「ともの宮人おしなべて、緑衣の袖をぞしぼりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android