寒色(読み)かんしょく

精選版 日本国語大辞典「寒色」の解説

かん‐しょく【寒色】

〘名〙 見た目に寒い感じを与えるまたはそれに近い色。また、冬景色、さびしい景色をいう。⇔暖色
※経国集(827)一三・奉試賦隴頭秋月明〈豊前王〉「薄光波裏砕、寒色隴頭明」
※三国伝記(1407‐46頃か)一二「鷺糸の寒色は雪に混して尋ね難し」 〔杜甫‐初冬

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「寒色」の解説

寒色
かんしょく
cold colours

寒さを感じさせる色。一般に色環の配列色のうち青および緑色がかった部分は寒色である。しかし色から受ける寒暖感覚は比較感によるものであり,絵画においては2つまたはそれ以上の暖色配色によって寒さを感じさせることも可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android