徳富蘆花(読み)とくとみろか

美術人名辞典の解説

徳富蘆花

小説家。熊本県生。漢学者徳富一敬の次男。評論家蘇峰の弟。名は健次郎。キリスト教の洗礼を受け伝道に従事したのち「国民新聞」に連載した『不如帰』が単行本として刊行され、名を知られた。ついで『自然と人生』『思ひ出の記』『みみずのたはごと』等を発表する。昭和2年(1927)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とくとみ‐ろか【徳富蘆花】

小説家。本名健次郎。蘇峰の弟。同志社に学ぶ。キリスト教に入信。明治二二年(一八八九)「民友社」に入社。「不如帰(ほととぎす)」で文壇にその地位を築いた。人道主義と清新な作風で社会問題への関心も深く、注目された。また、同四〇年から半農生活にはいり文壇外の作家として特異な地位を占めた。晩年はキリスト教的解脱を求めるようになった。著作「自然と人生」「思出の記」「黒潮(こくちょう)」など。なお、蘆花は徳富の「富」を常に「冨」と表記した。明治元~昭和二年(一八六八‐一九二七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳富蘆花の関連情報