コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生/人世 ジンセイ

2件 の用語解説(人生/人世の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じん‐せい【人生/人世】

人がこの世で生きていくこと。また、その生活。「第二の―を送る」「―を左右する出来事」「―経験」
人の、この世に生きている間。人の一生。生涯。「芸術は長く―は短い」
[補説] 
2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「人生」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆家族や親友との出会いの場。
あつこさんの投稿

◆やり直したいと言う声が多い割に、結構多くの人が満足して終える不思議な旅。
ウラノスさんの投稿

◆なんで生まれてきたのかを探す旅。
さっちゃんさんの投稿

◆振り返ることはできるが戻ることはできない。
どらみんさんの投稿

◆気付いたら始まっている、とてつもなく長い成長の旅。
mayuさんの投稿

◆選択し決断を繰り返してきた足跡。
ぴろこさんの投稿

◆笑い皺をつくること。
がちお、さんの投稿

◆全ての人間に与えられた試練。ただし必ずしも試練は平等では無い。
あの頃は…さんの投稿

◆神様から借りてきたもの。だから全うするまで頑張らなければならない。
マーサさんの投稿

◆たくさんの道、まっすぐでも曲がってもいる。山もあれば、谷も、川もある。行先も違う。
あきいさんの投稿

◆リセットのできないオリジナルのRPG(ロールプレイングゲーム)。
まーさんさんの投稿

◆自らが主人公である物語。しかしそのように感じられない人も多い、少し切ない物語。
JKさんの投稿

◆死ぬまでに与えられた時間。
こかちだ福さんの投稿

◆なんて不公平なんだろう…って思うけど、それなりに楽しいこともしあわせな事もある。本人しだいで、変わるもの。
はるひさんの投稿

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じんせい【人生】

人間がこの世に生きている期間。人の一生。
人間がこの世に生きていくこと。 「 -の荒海に船出する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人生/人世の関連キーワード生き甲斐生き様生き恥生き薬師今生人生行路生活戴天渡世世に在り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone