出身を賜う(読み)しゅっしんをたまう

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっしん【出身】 を 賜(たま)

官衙(かんが)に出仕を命ぜられる。
※三代格‐一七・弘仁一三年(822)三月二六日「応活疫病百姓者、賜出身、叙位階事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android