コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出仕 シュッシ

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐し【出仕】

[名](スル)
勤めに出ること。特に、役所などに勤めること。仕官すること。「官庁に出仕する」
明治初年、官庁試補。のち、事務の忙しいとき、臨時に置いた員外官

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっし【出仕】

( 名 ) スル
勤めに出ること。特に、公の勤めにつくこと。 「役所に-する」
明治初期の官制で、正式任用前の仮採用中の役人。また、定員外の臨時採用中の役人。
その場所に出ること。その席につくこと。 「 -して饗膳などにつく時も/徒然 60

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出仕の関連キーワード身代有り付く詰め番・詰番北原 稲雄小幡新兵衛大島 高任参勤・参覲平島 松尾数寄屋坊主冠を弾く税所敦子内の昇殿中島有章白衣勤め大派皇子柳河春三身代済む八瀬童子散所随身沼間守一香川景敏

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出仕の関連情報