コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かん かん

大辞林 第三版の解説

かん

( 副 )
〔近世は「くわん」とも表記〕
(多く「と」を伴って)小さな鐘・鉦しようなどをたたいた時の澄んだ音を表す語。 「鐘を-と鳴らす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かんの関連キーワード錦玉糖/金玉糖かんらかんら横挿し・横挿カンチアンカンチョウ小倉羊羹鉄砲巻き観音寺町道明寺羹ケトル観音寺歓喜団紙屋院観音町神戸町後ろ挿銚子鍋神田町霙羊羹金冠

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かんの関連情報