かん

精選版 日本国語大辞典 「かん」の意味・読み・例文・類語

かん

  1. 〘 副詞 〙 ( 多く「と」を伴って用いる。古くは「くゎん」とも表記 ) 鐘、鉦(かね)や堅いものを強く打ったりたたいたりしたときにたてる音を表わす語。
    1. [初出の実例]「握拳の握り飯、食らふて見よといふ空の霞に落つる鐘の声、ごんと鳴ればくんと食らはせ、又ごんと鳴るくんと打(は)る〈略〉頭で数とる拍子取」(出典浄瑠璃曾我会稽山(1718)一)

かん

  1. 〘 接頭語 〙 動詞に付いて、その意味を強めたり、語調を整えたりする。「かんでる」「かんなめる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android