類聚三代格(読み)るいじゅうさんだいきゃく

  • るいじゅさんだいきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘仁格』 10巻,『貞観格』 12巻,『延喜格』 12巻の三代の分類した法令集編者未詳。 12巻か 20巻か原体裁は不明。一部に 30巻と伝えられるが根拠は薄い。現存 15巻。三代の格は散逸して伝わらず,『弘仁格抄』 (『弘仁格』の目録) でわずかに編目だけがわかるにすぎないから,この書物によって全貌を知ることができる。格は,律令に対する補充を目的とするものであるから,古代史研究上貴重である。三代の格は,それぞれの時点での有効法を編纂したものだが,先行の格に収録されているものは再録しない方針であった。 (→弘仁格式 , 貞観格式 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古代の法令集。編者不明。平安中期ごろ成立という。弘仁(こうにん)・貞観(じょうがん)・延喜(えんぎ)3代の格を神祇(じんぎ)・仏事などの内容に従って分類。律令時代の研究上重要な文献。30巻のうち12巻本と20巻本が写本として伝存するが,完本はない。→格式
→関連項目延喜格式弘仁格式三代格式貞観格式

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

平安時代に編纂された法令集。編者は不明。1002‐89年(長保4‐寛治3)の間に編纂されたと推定される。《本朝書籍目録》は30巻と記すが,写本として残存するのは12巻本と20巻本で,いずれも完本はなく,両者を併せても欠失部分がある。内容は,弘仁格,貞観格,延喜格の三代の格(きやく)を類によって聚(あつ)めたもので,三代の格が官司ごとに配列されていたのを,内容により神社事,国分寺事,分置諸国事,調庸事,禁制事,断罪贖銅事など類によって集め,再編成している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘仁(こうにん)、貞観(じょうがん)、延喜(えんぎ)の三代の格を内容別に集めて再編成した法典。三代の格は『延喜格』が施行されれば弘仁、貞観の両格は無効となるというものではなく、三代の格は同時に有効な法典であった。そして格文は官司別に配列してあり、法典としての格の利用上、検索に不備な点があった。しかも律令(りつりょう)政治が崩れた平安中期の先例重視、政治の有職故実(ゆうそくこじつ)化の大勢のなかで、『類聚三代格』はその要求にこたえる典例整備事業として編纂(へんさん)されたもので、それは『官曹事類(かんそうじるい)』『天長格抄(てんちょうきゃくしょう)』『類聚国史』などを参考として編纂されたものと思われる。そこで官司別の配列を改め、三代の格を神社事、国分寺事などに再編成した。編者は不明であるが、1002年(長保4)から1089年(寛治3)の間の成立で、12巻本と20巻本の二系統の写本があるが、いずれも完全な写本ではなく、両者あわせてもなお一部に欠落があるが、奈良・平安初期研究の重要史料である。『新訂増補国史大系』巻25に収める。

[福井俊彦]

『吉田孝著『類聚三代格』(『国史大系書目解題 上巻』所収・1971・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

平安中期の法制書。一二巻本と二〇巻本の二系統がある。編者、成立年代未詳。官司別となっていた三代格(「弘仁格」「貞観格」「延喜格」)の記事を、神祇・仏事など事項別に分類したもの。古代史研究の重要史料。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

平安前期の法令集
10世紀初めころの成立。20巻。現存17巻。編者不詳。弘仁・貞観・延喜の3代の格を集大成し,神祇・仏事・官司などに分類編集したもの。奈良・平安前期の重要史料。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android