コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函嶺洞門 かんれいどうもん

1件 の用語解説(函嶺洞門の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

函嶺洞門

神奈川県足柄下郡箱根町にある塔ノ沢温泉付近の国道1号線に、落石防止のため造られたトンネル状の工作物(洞門)。長さは170メートルあり、片側が支柱で支えられ外が見える構造になっている。1931年、当時珍しい鉄筋コンクリート造りの洞門として竣工。中国の王宮をイメージしたという美しい外観などにより、2005年には土木学会選奨土木遺産「箱根地区国道1号施設群」の一つとして認定された。幅員が狭く大型観光バスのすれ違いが困難などの理由により、07年よりバイパスとなる迂回ルートの建設が行われ、14年2月に完成。函嶺洞門は通行禁止となった。函嶺洞門は、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の競走コースの要所だったが、15年の第91回大会よりバイパスへコースが変更となる。これに伴い競走距離が伸びるため、過去の箱根駅伝の記録はすべて参考扱いとなった。

(2014-7-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

函嶺洞門の関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町木賀神奈川県足柄下郡箱根町強羅神奈川県足柄下郡箱根町須雲川神奈川県足柄下郡箱根町底倉神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平神奈川県足柄下郡箱根町箱根神奈川県足柄下郡箱根町畑宿神奈川県足柄下郡箱根町宮城野神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

函嶺洞門の関連情報