コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函嶺洞門 かんれいどうもん

知恵蔵miniの解説

函嶺洞門

神奈川県足柄下郡箱根町にある塔ノ沢温泉付近の国道1号線に、落石防止のため造られたトンネル状の工作物(洞門)。長さは170メートルあり、片側が支柱で支えられ外が見える構造になっている。1931年、当時珍しい鉄筋コンクリート造りの洞門として竣工。中国の王宮をイメージしたという美しい外観などにより、2005年には土木学会選奨土木遺産「箱根地区国道1号施設群」の一つとして認定された。幅員が狭く大型観光バスのすれ違いが困難などの理由により、07年よりバイパスとなる迂回ルートの建設が行われ、14年2月に完成。函嶺洞門は通行禁止となった。函嶺洞門は、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の競走コースの要所だったが、15年の第91回大会よりバイパスへコースが変更となる。これに伴い競走距離が伸びるため、過去の箱根駅伝の記録はすべて参考扱いとなった。

(2014-7-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

函嶺洞門の関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android