コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分冊百科 ぶんさつひゃっか partwork encyclopedia

2件 の用語解説(分冊百科の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

分冊百科

パートワーク(分冊出版)ともいう。あるテーマを週刊や隔週刊の雑誌サイクルで50号、100号と予定した号数まで刊行し、全冊揃ったとき、そのテーマの事典が完成するという出版形態。週刊百科、ワンテーママガジンファイルマガジンなどの呼称がある。イタリアのデアゴスティーニ社が1959年、百科事典を分冊に再編集して廉価で定期刊行したのが起源。日本では日本メールオーダー社が70年に創刊した『週刊アルファ大世界百科』が最初。次いで71年創刊の朝日新聞社ラルース週刊世界動物百科』。前者は通販ルート、後者は新聞販売店ルートとそれぞれが定期読者獲得に強い販路を活用して80年代後半まで分冊百科2社時代を続けた。90年代に大手・中堅出版社が順次参入、今世紀に入って創刊銘柄数が年20点超へと増えた。2006年の創刊銘柄数23点、既刊銘柄数を合わせて53点が流通し、その総販売金額は推定302億円。類似企画も増加。例えば07年は仏教美術ジャンルにおいて、刊行中の『週刊 古寺を巡る』(小学館)に加え、新たに『週刊 日本の仏像』(講談社)と『週刊 仏教新発見』(朝日新聞社)が創刊される競合ぶりだった。

(村上信明 出版流通ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんさつ‐ひゃっか〔‐ヒヤククワ〕【分冊百科】

定期的に発行され、全部そろえることによってそのテーマの百科事典が完成する形式の冊子。パートワーク。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分冊百科の関連キーワードアートワークネットワークカードリング型ネットワークアイレットワークパートワークケーブルネットワークディーセントワーク電子ネットワークリストワークロスト・ワールド/ジュラシック・パーク2

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分冊百科の関連情報