コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子軌道 ブンシキドウ

デジタル大辞泉の解説

ぶんし‐きどう〔‐キダウ〕【分子軌道】

分子内を運動する電子の運動状態を表す軌道。電子は分子全体に分布し、その状態は波動関数として表される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんしきどう【分子軌道】

分子内のそれぞれの電子の運動状態を表す軌道。分子内の各電子が特定の原子に所属するのではなく、分子全体に広がるものとして分子の電子状態を考える際の波動関数。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

分子軌道の関連キーワードウッドワード(Robert Burns Woodward)マイケル・ジェームズ・スチュワート デュワーホフマン(Roald Hoffmann)エリック・アマンド・ヨセフ ヒュッケルチャールズ・アルフレッド クールソンロバート・サンダーソン マリケンロバート・B. ウッドワードハイトラー=ロンドンの理論ウッドワード‐ホフマン則ウォルシュのダイアグラムウッドワード=ホフマン則フロンティア軌道理論フロンティア電子理論偏光フィルム用色素DVヴィットの発色説R. ホフマン芳香族化合物ウッドワード原子価結合法

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android