コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分泌管 ぶんぴつかんsecretory tubule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分泌管
ぶんぴつかん
secretory tubule

植物体の分泌組織は,樹脂タンニンシュウ酸,油など特殊な物質を貯蔵しているが,その細胞間隙が長く連続して管状になり,分泌物を満たしているものをいう。分泌道管ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の分泌管の言及

【分泌】より

…また,葉にあって排水作用,すなわち水を体外に排出する働きをもつ水孔もある。内部分泌組織にはいろいろな物質を蓄える働きをするさまざまな分泌細胞と,細胞がこわれたり細胞間が離れてできた細胞間隙(かんげき)に分泌物が蓄えられる分泌孔あるいは分泌管があり,乳液を蓄える乳細胞や乳管,そして粘液道もその例である。分泌組織には虫を捕らえる食虫植物の分泌毛など,その機能の明らかなものもあるが,一般的には機能についてわからないものも多い。…

※「分泌管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分泌管の関連キーワード外分泌腺視床下部皮膚結石乳管汗腺

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分泌管の関連情報