分泌物(読み)ぶんぴつぶつ

精選版 日本国語大辞典「分泌物」の解説

ぶんぴつ‐ぶつ【分泌物】

〘名〙 分泌された物質。(せん)細胞から分泌されたもの。ホルモンなどの類。分泌液。ぶんぴぶつ。
※断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一六「自己その物の中に出来た分泌物━愛がなくなった女は分泌物だ━を排除しよう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の分泌物の言及

【腺】より

分泌にかかわる生物の組織。分泌物を蓄える腺腔をもつ腺と,特別の腺腔をもたず細胞内に分泌物を貯留しているものがある。前者はおもに外分泌腺,後者はおもに内分泌腺であるが,これには例外が多く,たとえば,外分泌腺でも消化管上皮の分泌腺は腺腔がなく,内分泌腺でも甲状腺には腺腔がある。…

※「分泌物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android