コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分解熔融 ぶんかいようゆうincongruent melting

岩石学辞典の解説

分解熔融

固体の化合物が,それ自体の組成の液体に熔融せずに,新しい固体と液体を作って分解すること.二成分系では特定の温度で二固体と一液体が共存し,反応が完結するまで温度は一定のままである.結晶質固相が熔融過程で分解を起こし,もとの結晶の組成と異なる第二の結晶相と液相とになる現象である[キンガリーほか : 1980, 吉木 : 1959, 片山ほか : 1970].このときの温度を分解熔融点(incongruent melting point)という.非調和融解[中村, 坂野 : 1978],不一致熔融[橋本 : 1968],分解融解[中村, 坂野 : 1978, 久保ほか : 1987].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

分解熔融の関連キーワード分解熔融化合物不連続反応系列半分解

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android