分附百姓(読み)ブンツケヒャクショウ

デジタル大辞泉の解説

ぶんつけ‐ひゃくしょう〔‐ヒヤクシヤウ〕【分附百姓】

江戸時代、分附で名前を記された農民。初期の検地帳に多くみられ、隷属的な身分を示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんつけひゃくしょう【分附百姓】

江戸時代、検地帳に分附で記載された隷属農民。農家の次・三男、あるいは使用人で、総領・主家から田畑を譲与または貸与されて耕作し、年貢・諸役も総領・主家を通して上納した百姓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android