コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分類階級 ぶんるいかいきゅうrank,category

知恵蔵の解説

分類階級

リンネ以来の分類体系において、様々な分類群(タクソン)の階層関係を示すために設けられたランク。通常は種、属、科、、綱、門、界の7階級からなる。共通の特徴をもつ種が属に、属が科にまとめられるという手順を繰り返して、すべての種は、戸籍のような形でそれぞれ目、綱、門、界にいたるまでの固有の分類階級をもつ。たとえば、トノサマガエルは、アカガエル属、アカガエル科、無尾目、両生綱、脊椎動物門、動物界に分類される。類縁関係をより精密に表すのに上記の7階級で足りない時には、それぞれの分類階級の頭に亜、上、下などをつけて細分したり、族、連、節、系などの新たな分類群を設ける。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

分類階級の関連キーワード単子葉植物双子葉植物カゲロウ上種

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android