コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分類階級 ぶんるいかいきゅうrank,category

1件 の用語解説(分類階級の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

分類階級

リンネ以来の分類体系において、様々な分類群(タクソン)の階層関係を示すために設けられたランク。通常は種、属、科、目、綱、門、界の7階級からなる。共通の特徴をもつ種が属に、属が科にまとめられるという手順を繰り返して、すべての種は、戸籍のような形でそれぞれ目、綱、門、界にいたるまでの固有の分類階級をもつ。たとえば、トノサマガエルは、アカガエル属、アカガエル科、無尾目、両生綱、脊椎動物門、動物界に分類される。類縁関係をより精密に表すのに上記の7階級で足りない時には、それぞれの分類階級の頭に亜、上、下などをつけて細分したり、族、連、節、系などの新たな分類群を設ける。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone