コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り溜め キリダメ

3件 の用語解説(切り溜めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きり‐だめ【切り×溜め】

料理場で用いる、切った野菜や作った料理などを入れておく浅い木箱。長方形でかぶせぶたがあり、薄く漆が塗ってある。
箱膳(はこぜん)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きりだめ【切り溜め】

たくさん切ってためておくこと。
料理場で、切った野菜やできあがった料理を入れるのに使う木製の箱。長方形で、ふたのある薄漆塗りの箱で、入れ子になっている。
箱膳はこぜん 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

きりだめ【切り溜め】

➀薄く漆(うるし)塗りしたふたのある木箱で、入れ子になっているのもの。調理場で切った野菜や盛りつける前の料理などを入れておくのに用いる。
➁箱膳(はこぜん)。⇒箱膳

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切り溜めの関連キーワードあたふた漆下地摺り漆花漆ふたふたベク漆・可く漆漆塗溜め塗ベク漆蝋色漆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone