コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り溜め キリダメ

3件 の用語解説(切り溜めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きり‐だめ【切り×溜め】

料理場で用いる、切った野菜や作った料理などを入れておく浅い木箱。長方形でかぶせぶたがあり、薄く漆が塗ってある。
箱膳(はこぜん)」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きりだめ【切り溜め】

たくさん切ってためておくこと。
料理場で、切った野菜やできあがった料理を入れるのに使う木製の箱。長方形で、ふたのある薄漆塗りの箱で、入れ子になっている。
箱膳はこぜん 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

きりだめ【切り溜め】

➀薄く漆(うるし)塗りしたふたのある木箱で、入れ子になっているのもの。調理場で切った野菜や盛りつける前の料理などを入れておくのに用いる。
➁箱膳(はこぜん)。⇒箱膳

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone