切兼曾我(読み)きりかねそが

精選版 日本国語大辞典の解説

きりかねそが【切兼曾我】

[一] 謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。曾我兄弟一万、箱王が、工藤祐経の言をいれた源頼朝の命によって由比ケ浜で切られようとするところを、畠山重忠らのとりなしによってあやうく助けられる。
[二] 幸若舞。筋は(一)に同じ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android