コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工藤祐経 くどうすけつね

8件 の用語解説(工藤祐経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工藤祐経
くどうすけつね

[生]?
[没]建久4(1193).5.28. 駿河,富士野
鎌倉時代初期の武将。伊豆,伊東の荘を領した。祐継の子。平重盛に仕え,在京中従兄伊東祐親に所領を奪われたので,安元2 (1176) 年富士野の狩り場にこれを襲い,祐親の子祐泰を殺した。のち源頼朝に仕えたが,祐泰の遺子祐成,時致 (→曾我兄弟 ) によって狩り場の陣営で討たれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くどう‐すけつね【工藤祐経】

[?~1193]鎌倉初期の武将。伊豆の人。所領の争いから同族の河津祐泰(かわづすけやす)を殺害。のち、その遺児の曽我祐成(そがすけなり)時致(ときむね)の兄弟に、富士の巻狩りの陣中で殺された。→曽我兄弟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

工藤祐経【くどうすけつね】

鎌倉初期の武将。祐継の子。初め平重盛に仕え,のち源頼朝に従った。所領伊豆(いず)伊東荘をめぐって従兄伊東祐親と争い,その子祐泰を殺したが,そのため1193年富士の巻狩(まきがり)の時,祐泰の子祐成(すけなり)・時致(ときむね)(曾我兄弟)に討たれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工藤祐経 くどう-すけつね

?-1193 平安後期-鎌倉時代の武将。
伊豆(いず)伊東荘(静岡県)の豪族。平重盛につかえ京都に宿衛。伊東祐親(すけちか)と所領のことであらそって,祐親をきずつけ,その子河津祐泰を殺害。のち源頼朝につかえる。建久4年5月28日富士の巻狩りの夜,祐泰の遺子曾我祐成・時致(ときむね)(曾我兄弟)に討たれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

工藤祐経

没年:建久4(1193)
生年:生年不詳
平安末・鎌倉初期の武士。工藤一郎と称す。父は祐継。平重盛の許に出仕し家人となり在京,左衛門尉に任官した。在京中に叔父(従兄弟とする説あり)伊東(河津)二郎祐親に,伊豆国伊東荘を預けていたが,祐親が押領したとして相論となった。祐経の妻は祐親の娘であり,この対立のため祐親の許に連れ戻され,土肥遠平に嫁がされた。これを怒った祐経は,安元2(1176)年伊豆での巻狩に事寄せて祐親を襲い,祐親の嫡子河津祐泰を殺害した。源頼朝の挙兵以後,早くから頼朝方に付き,幕府成立以後は,在京の経験から,楽などの道にも通じており,頼朝の信任も厚く,平重衡が囚人として鎌倉に下ったときの宴や文治2(1186)年に源義経の妾静が鎌倉鶴岡の社頭で舞をまった際に鼓の役を務めた。また,平家追討で九州へ従軍し,5年には奥州合戦にも出陣している。建久4(1193)年,河津祐泰の子の曾我十郎祐成・五郎時致兄弟によって富士の狩場で父の仇として討たれた。

(飯沼賢司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くどうすけつね【工藤祐経】

?‐1193(建久4)
鎌倉時代初期の武士。祐継の子。元服後まもなく上洛し,皇室関係の武者所(むしやどころ)に仕えて一﨟(いちろう)の地位にのぼったため工藤一﨟と称された。弟の宇佐美祐茂(助茂)におくれて源頼朝に仕えたが,在京中に身につけた文化的教養によって重用され,捕らわれた静御前が頼朝の前で舞った際に伴奏の鼓を打ったのは有名。1193年5月富士野巻狩りの夜,曾我兄弟に討たれた。【外岡 慎一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くどうすけつね【工藤祐経】

?~1193) 鎌倉初期の武将。伊豆の人。富士野の巻狩りの際、以前暗殺した同族河津祐泰の遺子である曽我兄弟に討たれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工藤祐経
くどうすけつね
(?―1193)

鎌倉初期の伊豆(いず)(静岡県)の豪族。祐継(すけつぐ)の子。初め平重盛(しげもり)に仕え、京都に宿衛したが、この間従兄(いとこ)伊東祐親(いとうすけちか)に所領伊豆国伊東庄(しょう)を押領(おうりょう)せられ、さらに妻を奪われたのを怒って帰国し、1176年(安元2)祐親を傷つけ、その子祐泰(すけやす)を殺した。その後源頼朝(よりとも)に仕えて寵遇(ちょうぐう)せられ、北条氏とも親交があった。祐経は在京の間舞楽の道を学んで名手とうたわれ、86年(文治2)源義経(よしつね)の妾(しょう)静御前(しずかごぜん)が鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)の社頭で舞ったとき、鼓を打ってこれに和した。しかし、祐泰の遺子祐成(すけなり)、時致(ときむね)(曽我(そが)兄弟)に親の仇(あだ)としてねらわれ、93年(建久4)5月28日夜、頼朝の富士野の巻狩(まきがり)に従った際、狩場の陣営で2人のために殺された。[新田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の工藤祐経の言及

【曾我兄弟】より

…平将門の乱のときの常陸国司藤原惟幾の子孫を称する工藤氏の人。伊豆の国衙有力官人として伊豆半島海岸一帯に勢力をはった有力武士団工藤氏のなかで,伊東祐親(兄弟の祖父),河津祐通(泰)(兄弟の父)父子と工藤祐経(すけつね)との間で所領相論がおこり,1176年(安元2)祐通が祐経の従者によって殺害された。祐通の妻は幼い兄弟を連れて,同じ工藤一族の曾我祐信に再嫁した。…

※「工藤祐経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

工藤祐経の関連キーワード藤林綱久愚昧記曾我兄弟河津祐泰曽我祐成曽我時致工藤茂光曾我時致中村宗平源有綱

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工藤祐経の関連情報