コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)火/鑽り火 キリビ

デジタル大辞泉の解説

きり‐び【切(り)火/×鑽り火】

ヒノキ・モミなどの堅い材に細い丸棒をもみこみ、その摩擦熱でおこす火。
火打ち石と火打ち金(がね)を打ち合わせておこす火。
旅立ちや外出などの際、火打ち石で身に打ちかける清めの火。「―を打つ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)火/鑽り火の関連キーワード島木赤彦(しまきあかひこ)島木 赤彦島木赤彦火打ち金出し物閻魔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android