外出(読み)がいしゅつ

精選版 日本国語大辞典「外出」の解説

がい‐しゅつ グヮイ‥【外出】

〘名〙
① 物が外部へ出て行くこと。
※明六雑誌‐二三号(1874)正金外出歎息録〈神田孝平〉「我邦開港以来金銀の外出頗る多し」
② 家から外へ出ること。よそへ出かけること。他出他行
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一三「を得ざるの事故ありて外出す」 〔南斉書‐張敬児伝〕

そと‐で【外出】

〘名〙 戸外に出ること。よそへ行くこと。他行。がいしゅつ。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五九「怖くって惣次郎は(とん)と外出(ソトデ)を致しません」

と‐で【外出】

〘名〙 家の外に出ること。他所へ出かけること。がいしゅつ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外出」の解説

がい‐しゅつ〔グワイ‐〕【外出】

[名](スル)
自宅や勤め先などから、よそへ出かけること。「急用外出する」
物が外部に出ていくこと。
「正金の次第に―するは当然のことなり」〈神田孝平明六雑誌二二〉
[類語]他出他行たぎょうお出かけお使い使い出払う家を空ける家を外にする出かける

そと‐で【外出】

[名](スル)戸外へ出かけること。がいしゅつ。「親子外出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android