外出(読み)がいしゅつ

精選版 日本国語大辞典「外出」の解説

がい‐しゅつ グヮイ‥【外出】

〘名〙
① 物が外部へ出て行くこと。
※明六雑誌‐二三号(1874)正金外出歎息録〈神田孝平〉「我邦開港以来金銀の外出頗る多し」
② 家から外へ出ること。よそへ出かけること。他出。他行。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一三「止を得ざるの事故ありて外出す」 〔南斉書‐張敬児伝〕

と‐で【外出】

〘名〙 家の外に出ること。他所へ出かけること。がいしゅつ。

そと‐で【外出】

〘名〙 戸外に出ること。よそへ行くこと。他行。がいしゅつ。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五九「怖くって惣次郎は頓(とん)と外出(ソトデ)を致しません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外出」の解説

がい‐しゅつ〔グワイ‐〕【外出】

[名](スル)
自宅や勤め先などから、よそへ出かけること。「急用で外出する」
物が外部に出ていくこと。
「正金の次第に―するは当然のことなり」〈神田孝平明六雑誌二二〉

そと‐で【外出】

[名](スル)戸外へ出かけること。がいしゅつ。「親子で外出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android