コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)立て キリタテ

デジタル大辞泉の解説

きり‐たて【切(り)立て】

切ったばかりであること。また、そのもの。「切り立ての草花」
仕立ておろして間もないこと。また、そのもの。
「―のフロックコート」〈魯庵社会百面相
蹴鞠(けまり)のとき、かかり四隅に立てる木。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)立ての関連キーワードフロックコート草花蹴鞠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android