四隅(読み)シグウ

デジタル大辞泉の解説

し‐ぐう【四隅】

よすみ。また、四方

よ‐すみ【四隅/四角】

四角い形の四方のすみ。四方のかど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐ぐう【四隅】

〘名〙 よすみ。四方。
※源平盛衰記(14C前)二四「誠に是れ四隅(しグウ)四行の薩埵(さった)
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉三「試に眼を挙て我地球上の四隅を見よ」 〔李白‐大猟賦〕

よ‐すみ【四隅】

〘名〙 四方のすみ。四方のかど。しぐう。また、周囲。
※黒本本節用集(室町)「橛 真言担上四隅(ヨスミ)小柱」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四隅の言及

【方位】より

…西北風をアナジとかタマカゼと称し,悪霊とともに善神も来る両義的な方位とし,屋敷では稲荷をまつる。以上の3方位に辰巳(たつみ)(東南)を加えて四角(しかく),四隅(しぐう),あるいは四維(しい)と呼び,それぞれ艮(うしとら),坤(ひつじさる),乾(いぬい),巽(たつみ)の字をあてる。 また,神聖な方位には,恵方(えほう)(明きの方)があり,新しい年神,歳徳神を迎える方位で,年神棚,門松,若水汲み,鍬始めはその方位を意識している。…

※「四隅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報