コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)離し/切(り)放し キリハナシ

デジタル大辞泉の解説

きり‐はなし【切(り)離し/切(り)放し】

切り離すこと。
(切り放し)江戸時代、火災などの非常の際に、入獄中の囚人を一時釈放したこと。きりはなち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)離し/切(り)放しの関連キーワードヘテロドントサウルス小型自動着陸実験ドミニコ会形式論理学日露戦争第二会社複合不況ヤング

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android