コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)離し/切(り)放し キリハナシ

デジタル大辞泉の解説

きり‐はなし【切(り)離し/切(り)放し】

切り離すこと。
(切り放し)江戸時代、火災などの非常の際に、入獄中の囚人を一時釈放したこと。きりはなち。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)離し/切(り)放しの関連キーワードヘテロドントサウルス小型自動着陸実験ドミニコ会形式論理学日露戦争複合不況第二会社ヤング

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android