コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常 ヒジョウ

2件 の用語解説(非常の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐じょう〔‐ジヤウ〕【非常】

[名]普通でない差し迫った状態。また、思いがけない変事。緊急事態。「非常を告げる電話の声」「非常持ち出しの荷物」
[形動][文][ナリ]
並の程度でないさま。はなはだしいさま。「非常に悲しい」「非常な才能」
行動やようすが異常であるさま。
「―な事だと思わないで―なことをするから奇人だろう」〈逍遥当世書生気質

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひじょう【非常】

( 名 )
ふだんと異なった状態。普通でなくさし迫った事態。 「 -事態」 「 -の際の心得」 「 -を告げる鐘の音」
生命にかかわること。死去。 「小野宮の大臣-の事もおはしまさば/栄花 月の宴
〘仏〙生滅変化して、同じ状態に止まらないこと。
( 形動 ) [文] ナリ 
程度がはなはだしいさま。一通りでないさま。並たいていでないさま。 「 -な悲しみ」 「 -にうれしい」
様子がただごとでないさま。行動が普通と異なっているさま。 「何か-な事でも企て身を隠すとでも/花間鶯 鉄腸

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非常の関連情報