囚人(読み)しゅうじん

日本大百科全書(ニッポニカ)「囚人」の解説

囚人
しゅうじん

刑事施設に収容されている被収容者を意味する古い用語。条文の平易化を図った1995年(平成7)の「刑法の一部を改正する法律」の成立前の刑法第97条では、「既決、未決ノ囚人」という語が用いられていたが、同改正法により「囚人」の語は廃止され、現行法令上は用いられていない。刑事事件による既決・未決の被収容者のほかに、広義では民事上の債務不履行による被収容者を含む。日本では前二者に限られるが、立法例のうちには現在でもこれを認めるものがある。

[石川正興]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「囚人」の解説

しゅう‐じん シウ‥【囚人】

につながれている者。めしゅうど。とらわれびと。
※経国集(827)二〇・大神虫麻呂対策文「囚人不皐繇之霊
草枕(1906)〈夏目漱石〉一〇「屠(ほふ)られたる囚人の血が、自づから人の眼を惹(ひ)いて」
② 法令によって刑務所に拘禁されている、既決囚および未決囚。在監者。
※刑法(明治四〇年)(1907)九七条「既決、未決の囚人逃走したるときは」

とらえ‐びと とらへ‥【囚人】

〘名〙 つかまえられて獄などにつながれている人。めしうど。しゅうじん。とりこ。とらえもの。
※書紀(720)持統二年六月(北野本訓)「天下に令して繋囚(トラヘヒト)極刑は本の罪を一等減せ」

とらわれ‐びと とらはれ‥【囚人】

〘名〙 とらえられた人。めしゅうど。とりこ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※源平盛衰記(14C前)四三「我等囚(トラハ)れひとに成なば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「囚人」の解説

しゅう‐じん〔シウ‐〕【囚人】

獄につながれている者。
刑務所拘置所などの刑事施設に収容されている受刑者被疑者被告人などを意味する古い用語。→既決囚未決囚
[補説]平成7年(1995)の刑法改正に伴い、「囚人」という語は法律上では用いられなくなった。
[類語]受刑者男囚女囚・服役者・服役囚・獄囚死刑囚流人

めしゅうど〔めしうど〕【人】

《「めしびと」の音変化。古くは「めしゅうと」》捕らえられて獄につながれている人。しゅうじん。

めし‐うど【人】

めしゅうど

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「囚人」の解説

【囚人】しゆう(しう)じん

囚徒。〔宋史、刑法志一〕古は姦人を四裔(しえい)(四方のはて、辺地)に投ず。今は乃ち方の囚人、盡(ことごと)く象闕(しゃうけつ)(宮城)に歸し、務役に配す。京は天子の居るなり。豈に囚を(ここ)にして聚役せしむべけんや。

字通「囚」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android