コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻器 こっき

大辞林 第三版の解説

こっき【刻器】

石器の一。打撃を加えて刃部を作り出したものの総称。木や骨に溝を彫るのに使われた。ビュラン。グレーバー。彫器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刻器の関連キーワードレバンタイン・オーリニャック文化ビルバンプール遺跡グラベット文化美利河I遺跡茶臼山遺跡カプサ文化グレーバー神山遺跡柳又遺跡ビュラン荒屋遺跡南桃作彫器石器

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android