コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

削り花 ケズリバナ

デジタル大辞泉の解説

けずり‐ばな〔けづり‐〕【削り花】

丸木を薄く削って花の形にしたもの。平安時代には、12月の仏名会(ぶつみょうえ)などに用いた。
削り掛け」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けずりばな【削り花】

丸木を薄く長く削り掛けにして、花びらが開いたような形にこしらえたもの。多く、御仏名おぶつみように用いる。
削り掛け 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の削り花の言及

【花】より

… また奈良薬師寺の花会式(はなえしき)や東大寺の御水取など,古式の法会には,しばしば造花が用いられる。もとは〈削りかけ〉とか〈削り花〉と呼ばれるもので,木の枝の表面を小刀で薄く削りかけると,枝の先にちぢれた薄片が花びらのようにつく。これを神霊の依代にしたのが初めらしく,アイヌのイナウがその古形をとどめている。…

※「削り花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

削り花の関連キーワード削り掛け・削り掛蓍に削り花平安時代丸木三草三木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

削り花の関連情報