コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

削り掛け ケズリカケ

デジタル大辞泉の解説

けずり‐かけ〔けづり‐〕【削り掛け】

ヤナギニワトコなど色の白い木の肌を薄く細長く削り垂らしたもの。紙が普及する以前は御幣(ごへい)として用いられた。削り花 新年》「正月も影はやさびし―/蓼太

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

削り掛けの関連キーワード日本のおもな郷土玩具削り掛けの神事粟穂稗穂五月人形笹野彫り削り防風クルミ民具クリ鷽替形代朮祭

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android