丸木(読み)まるき

精選版 日本国語大辞典 「丸木」の意味・読み・例文・類語

まる‐き【丸木】

〘名〙
① 山から切り出したままの木。また、皮をはいだままの丸い材木。まろき。
※五社百首(1190)「山かつの丸木さしあはせうづむ火の世に有物と誰か知るべき」
丸木舟のこと。

まろ‐き【丸木】

〘名〙 =まるき(丸木)
※木工権頭為忠百首(1136頃)桜「あたりなる花のよそめに山川のまろ木の橋をふみぞわづらふ〈源頼政〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「丸木」の意味・読み・例文・類語

まる‐き【丸木】

伐採して枝を払っただけの木材丸太。「丸木のままいかだに組む」
[類語]木材材木原木白木丸太銘木角材用材廃材

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android