丸木(読み)まるき

精選版 日本国語大辞典「丸木」の解説

まる‐き【丸木】

〘名〙
① 山から切り出したままの木。また、をはいだままの丸い材木。まろき。
※五社百首(1190)「山かつの丸木さしあはせうづむ火のに有物と誰か知るべき」
丸木舟のこと。

まろ‐き【丸木】

〘名〙 =まるき(丸木)
※木工権頭為忠百首(1136頃)桜「あたりなる花のよそめに山川のまろ木の橋をふみぞわづらふ〈源頼政〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android