コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏名会 ぶつみょうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏名会
ぶつみょうえ

仏名経』 (12巻) を読誦する法会陰暦 12月 19日から3日間,清涼殿や諸国の寺院で行われた。5~6世紀の中国で種々の仏名経典が翻訳,編集されたが,菩提流支の訳した『仏名経』には1万 1093の仏陀,菩薩の名前が列挙されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつみょう‐え〔ブツミヤウヱ〕【仏名会】

陰暦12月15日(のちに19日)から3日間、宮中や諸国の寺院で仏名経を読んで三世諸仏の名号を唱え、その年の罪障を懺悔(さんげ)し消滅を祈る法会。仏名懺悔。お仏名。 冬》板敷に光るつぶりや―/嘯山」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶつみょうえ【仏名会】

御仏名,仏名ともいう。《三劫三千諸仏名経》(《仏名経》)に基づき,毎年12月中旬の3昼夜にわたり,内裏の清涼殿で過去・現在・未来の三千仏名を唱え,その年の罪障を懺悔し,国家の安寧,皇室の息災などを祈願した法会。歳末に各種の《仏名経》を内裏で読誦したことは,764年(天平宝字8)12月の《正倉院文書》に初見する。以後ときに仏名読誦が行われたが,年中行事として定着したのは,838年(承和5)元興(がんごう)寺僧静安の発願で,清涼殿において願安,実敏道昌などにより3昼夜にわたって内裏仏名懺悔が行われてからである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶつみょうえ【仏名会】

12月19日より3日間仏名経によって三世の三千の仏の名前を3日間唱えて、罪の消滅を祈る法会。宮中でも室町時代まで恒例の行事として清涼殿で行われた。御仏名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏名会
ぶつみょうえ

御仏名(おぶつみょう)、仏名懺悔(さんげ)ともいう。仏の名、仏名経を唱えて、懺悔滅罪(めつざい)を期する行事。過去・現在・未来の三世、八方上下計十方の国にいます三千ないし十万の仏の名を唱え礼拝(らいはい)する。日本では、9世紀ころに静安が始めたといい、宮中仁寿殿などで12月19日から3日間、賢護が奏進した一万三千仏画像を掲げ、地獄変の屏風(びょうぶ)を立て回し唱礼するようになった。のち1月の行事となった。『枕草子(まくらのそうし)』『栄花物語』『三宝絵詞(えことば)』に出る。[木内曉央]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仏名会の関連キーワード清水寺(きよみずでら 京都市)室町時代寒稽古地獄図地獄変裸祭り護国寺御仏名削り花懺法静安長恵三世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android