剛臆(読み)ゴウオク

デジタル大辞泉の解説

ごう‐おく〔ガウ‐〕【剛臆】

《古くは「こうおく」とも》剛勇と臆病。
「大男の―は知らねども、よそより見けるには、あはれ大将かなとぞおぼえける」〈平治・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐おく ガウ‥【剛臆】

〘名〙 (古くは「こうおく」) 強くて勇気があることと、気が小さくて物おじすること。剛勇と臆病。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「命有てこそ軍をもし、剛臆(カウヲク)をもあらはさめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる