平治物語(読み)へいじものがたり

日本大百科全書(ニッポニカ)「平治物語」の解説

平治物語
へいじものがたり

平治の乱(1159)を題材にした軍記物語。通常三巻。作者不明。原作は鎌倉時代前期までに成立か。『平家物語』より先出と考えられるが、『保元(ほうげん)物語』との先後出関係は未詳。『普通唱導集(ふつうしょうどうしゅう)』などによれば、13世紀より14世紀にかけて琵琶(びわ)法師の語物であった。多くの伝本が現存し、『保元物語』同様、ほぼ三段階にわたる作品の変容が認められる。第二段階以降は『保元物語』『平家物語』との相関関係を強め、とくに前者とは姉妹編的関係となる。そのため、古くより同一作者説が存在した。最終段階では儒教思想や論評性が加わるが、それを代表するいわゆる流布本の成立は、室町時代の1446年(文安3)以後とされる。

 物語は末代における武士の力の必要性を説く序文に始まり、後白河(ごしらかわ)院近臣の藤原信頼(のぶより)が源義朝(よしとも)とともに挙兵、政敵藤原信西(しんぜい)を滅ぼしたものの、平清盛に鎮圧されてしまう過程を描くが、作品の内実は敗れた源氏一族の悲劇重点を移していく。合戦場面では悪源太義平平重盛(しげもり)の対決が躍動感あふれる筆致で描かれ、貴族でも、反乱軍のなかに入って信頼に恥辱を与える藤原光頼(みつより)のような、胆な人物が形象化されている。義朝の妻常葉(ときわ)が3人の遺児を抱えて都落ちする哀話は、女性話として傑出する。作品の初期の段階では反乱軍を蔑視(べっし)する姿勢がうかがわれるが、やがて、腹心の部下に暗殺された義朝の悲劇的生涯を中心に、頼朝(よりとも)による源氏再興の伏線を語る作品へと変質、悲劇的文学としての色調を濃くする。

[日下 力]

『永積安明・島田勇雄校注『日本古典文学大系31 保元物語・平治物語』(1961・岩波書店)』『永積安明編『鑑賞日本古典文学16 保元物語・平治物語』(1976・角川書店)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「平治物語」の解説

平治物語
へいじものがたり

鎌倉時代前期の軍記物語。『平治記』ともいう。作者,成立年未詳。3巻。『保元物語』と並称され,同じ作者の手に成るともいわれるが,琵琶法師の語り物として流布した間に文体が近寄ったもので,元来はまったく別に成立した作品であったと思われる。鎌倉中期の『平治物語絵巻』の詞書が現存テキストとして最古であるが,これと同系統の本文をもったテキストが鎌倉前期に成立したと考えられる。物語は平治1 (1159) 年 12月に起ったいわゆる平治の乱を扱ったもの。源義朝の子悪源太義平の武者ぶり,池禅尼による源頼朝の命乞い,3人の幼児をいだいた常盤御前の哀話などは後世に歓迎された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「平治物語」の解説

平治物語【へいじものがたり】

鎌倉前期成立かとされる軍記物語。3巻。作者不明。《保元物語》の姉妹編で作者も同一人ともいわれたが,複数次の改訂をうけたらしく,異質な諸本が伝存する。平治の乱の【てん】末(てんまつ)を記し,源頼朝による源氏再興が最後に語られる。《保元物語》はそのすぐれた合戦描写が高く評価されているが,この物語でも,源義平平重盛一騎打の場面がみごとな躍動感をもって描かれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「平治物語」の解説

へいじものがたり ヘイヂものがたり【平治物語】

鎌倉初期の軍記物語。三巻。著者未詳。鎌倉初期から中期ごろに原型が成立。多くの伝本がある。平治元年(一一五九)に起こった平治の乱の顛末を源平両武門の戦闘を中心にすえて描いた作品で、古くは「保元物語」「平家物語」とともに琵琶法師によって語られた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「平治物語」の解説

平治物語
へいじものがたり

鎌倉初期の軍記物語。平治の乱(1159年)を動的に描く
作者不詳。源義朝の嫡男悪源太義平が生き生きと描かれる。構想和漢混交文の文体において説話集的な性格がみられ,『今昔物語集』と『平家物語』とをつなぐ位置にある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「平治物語」の解説

へいじものがたり〔ヘイヂものがたり〕【平治物語】

鎌倉時代の軍記物語。3巻。作者・成立年ともに未詳。平治の乱のいきさつを和漢混交文で描いたもの。平治記。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「平治物語」の解説

へいじものがたり【平治物語】

平治の乱(1159)を素材とする和漢混淆文軍記物語。鎌倉時代前期までに成立か。作者不明。通常3巻。《平治記》ともいう。末代における武士の力の必要を説く序文がある。後白河院の近臣藤原信頼が源義朝とともに挙兵,政敵藤原信西を滅ぼすが平清盛に鎮圧された過程を描くが,作品の重点は敗れた源氏一族の悲劇にしだいに移る。合戦場面では悪源太義平と平重盛との対決が躍動感あふれる筆致で描かれ,貴族の中にも,謀叛軍の前で信頼を蔑する藤原光頼のごとき豪胆な人物が描かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android