色葉字類抄(読み)いろはじるいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色葉字類抄
いろはじるいしょう

3巻から成る国語辞典橘忠兼 (ただかね) 著。2巻本に補訂を重ね,治承年間 (1177~81) に成立平安時代末期の語彙を,まず語頭音でイロハ順に 47部 (ヲとオは,アクセントが高く始るか低く始るかで区別) に分け,次いで天象,地儀,植物,人倫などの意味分類により配列し,それに漢字をあて,さらに用例を示している。問題としている単語にどういう漢字をあてるべきかを知るために引く和漢辞典であり,そのため,平安末期における漢字表記の習慣を調べるのに好適の資料となっている。『和玉篇 (わごくへん) 』『節用集』など,のちの辞書に大きな影響を与えた。 10巻本の『伊呂波字類抄』 (著者未詳,鎌倉時代初期までに成立) は,この辞書の増補版である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いろはじるいしょう〔いろはジルイセウ〕【色葉字類抄】

平安時代の国語辞書。2巻または3巻。橘忠兼(たちばなただかね)著。天養元年~治承5年(1144~81)ごろに成立。平安末期の国語を頭音によっていろは47部に分け、漢字とその用法とを簡単に記す。「伊呂波字類抄」は増補された10巻本をさし、鎌倉時代に成立。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

色葉字類抄【いろはじるいしょう】

平安時代の国語辞書。橘忠兼撰。3巻本として1180年ごろ成立(2巻本もあるが,3巻本の稿本と見られる)。平安末期の通行語のうち,漢字で表記する習慣のあった国語を,頭音によって〈いろは47部〉に分けて配列し,あてるべき漢字とその用法とを簡単に記したもの。それまでの辞書が漢字をひいてそのよみ方を求めるものであったのに対し,ことばをひいて漢字や用法を知る形となっている点で画期的であり,その〈いろは〉順の配列はその後の辞書の組織のもととなった。和語・漢語数万を収める。鎌倉時代にこれに増補して10巻本の《伊呂波字類抄》が成立した。→辞典国語辞典
→関連項目寺社縁起和名類聚抄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いろはじるいしょう【色葉字類抄】

平安末期の辞書。二巻または三巻。橘忠兼編。天養・治承年間(1144~1181)に成立。当時の文書・変体漢文などに用いられる語句を、頭音によって「いろは」四七部に分け、各部はさらに意味によって天象・地儀など二一門に分ける。「伊呂波字類抄」一〇巻は、これを鎌倉初期に増補したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色葉字類抄
いろはじるいしょう

院政期成立の国語辞書。編者は橘忠兼(たちばなのただかね)。2巻、3巻、10巻(通例『伊呂波字類抄』と表記)の諸本がある。平安末期の日常実用の語を主に、漢文訓読語をもあわせて、広く和語・漢語を採録。語の頭音によって全体を伊呂波47篇(へん)に分け、さらにその各篇について、意義分類に従って天象・地儀など21部をたてて収録語を類聚(るいじゅう)。当時普通に使用された漢文体の文章(漢詩文、記録、文書など)を作成するうえで心得るべき語、漢字表記を中心に、とくに漢語が豊富に集録されている点に特色がある。当代における国語の漢字表記の規範を知るうえで、また当時の社寺、国郡、姓名など、固有名詞の漢字表記の読み方の手掛りが得られる点で重要な文献である。『世俗字類抄』『節用文字』は本書と祖本を同じくする。[峰岸 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android