コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副島雲谷 そえじま うんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

副島雲谷 そえじま-うんこく

?-? 江戸時代前期の陶工。
朝鮮から渡来した陶工で,肥前吉田窯(佐賀県嬉野(うれしの)町)の開祖。寛永(1624-44)のころ有田から蓮池(はすのいけ)藩主鍋島直澄(なべしま-なおずみ)にまねかれて藤津郡吉田郷に築窯。以後同族が明治まで陶業をつづけた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android