開祖(読み)かいそ

精選版 日本国語大辞典「開祖」の解説

かい‐そ【開祖】

〘名〙
① 仏語。ある宗教の教えを最初に説いた人。開山祖師。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 学問、芸術などの一派を始めた人。また、事業を最初に起こした人。鼻祖。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
③ その家を興した最初の人。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「李図(リーヅヂューク)の開祖は、義徳瓦(ヱドワド)・窩士畔(ヲスボワン)と曰て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の開祖の言及

【開山・開基】より

…仏寺を創建すること,またその仏寺を創建した僧をいう。転じて宗派の開祖のことをもいい,これは宗派の開設が一般寺院の創建をともなったことによる。古くは閑静な地を選び,山谷を切り開いて堂宇を創建したので,開山と称した。…

【教祖】より

…宗教や宗派の創始者。開祖,宗祖などともいう。大宗教では仏教の仏陀,キリスト教のイエス・キリスト,イスラムのムハンマド(マホメット)などがあげられるが,分裂によって枝分れした小宗派の指導者をいう場合もある。…

※「開祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android