コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開祖 カイソ

デジタル大辞泉の解説

かい‐そ【開祖】

ある宗教を新たに開始した人。また、新たな宗派を開始した人。
学問芸能などで、一流派のもとを開いた人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいそ【開祖】

初めて宗派を開いた人。宗祖。開山。
初めて寺院を建立し、その初代の長となった人。
初めて一派を開いた人。鼻祖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開祖
かいそ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の開祖の言及

【開山・開基】より

…仏寺を創建すること,またその仏寺を創建した僧をいう。転じて宗派の開祖のことをもいい,これは宗派の開設が一般寺院の創建をともなったことによる。古くは閑静な地を選び,山谷を切り開いて堂宇を創建したので,開山と称した。…

【教祖】より

…宗教や宗派の創始者。開祖,宗祖などともいう。大宗教では仏教の仏陀,キリスト教のイエス・キリスト,イスラムのムハンマド(マホメット)などがあげられるが,分裂によって枝分れした小宗派の指導者をいう場合もある。…

※「開祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

開祖の関連キーワードバーブ・アッ‐ディーン三重県津市一志町大仰ムハンマド生誕祭パンチャシカ嘉納 治五郎丸目主水正顕本法華宗江戸千家流ジャイミニ御祖師様庭野日敬浄土真宗南山大師華厳縁起小谷三志遊行上人仏通寺派ナーナク遊行派疋田流

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開祖の関連情報