開祖(読み)かいそ

精選版 日本国語大辞典「開祖」の解説

かい‐そ【開祖】

〘名〙
① 仏語。ある宗教の教えを最初に説いた人。開山。祖師。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 学問、芸術などの一派を始めた人。また、事業を最初に起こした人。鼻祖。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
③ その家を興した最初の人。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「李図(リーヅヂューク)の開祖は、義徳瓦(ヱドワド)・窩士畔(ヲスボワン)と曰て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の開祖の言及

【開山・開基】より

…仏寺を創建すること,またその仏寺を創建した僧をいう。転じて宗派の開祖のことをもいい,これは宗派の開設が一般寺院の創建をともなったことによる。古くは閑静な地を選び,山谷を切り開いて堂宇を創建したので,開山と称した。…

【教祖】より

…宗教や宗派の創始者。開祖,宗祖などともいう。大宗教では仏教の仏陀,キリスト教のイエス・キリスト,イスラムのムハンマド(マホメット)などがあげられるが,分裂によって枝分れした小宗派の指導者をいう場合もある。…

※「開祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android