コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉師復 りゅうしふく Liú Shī fù

1件 の用語解説(劉師復の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうしふく【劉師復 Liú Shī fù】

1884‐1915
中国,民国初期のアナーキスト。広東省香山(現,中山)県の人。名は思復とも書き,劉思復でも知られる。1904年(光緒30)日本に留学し,05年中国同盟会に加盟した。07年広東水師提督李準の暗殺に失敗,左手を失って逮捕された。09年(宣統1)出獄ののち,香港で暗殺団を組織,摂政王載灃(さいほう)の暗殺などを企てた。辛亥革命のときは,袁世凱(えんせいがい)暗殺をはかったが,南北和議成立で断念した。その後,杭州に隠棲して思索を練り,12年5月広州でアナーキズム団体晦鳴学舎を組織し,さらに道徳修義を標榜する心社を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

劉師復の関連キーワード徐世昌安徽派中華民国白話アナアナーキーアナーキスト国初民国ネオアナーキズム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone