思索(読み)しさく

精選版 日本国語大辞典「思索」の解説

し‐さく【思索】

〘名〙 物事の道理をたどり、秩序立てて深く考えを進めること。思惟。
※応永本論語抄(1420)憲問第一四「見利は、義に叶ふか不叶かを思索して」
(1911)〈徳田秋声〉三九「静かに思索や創作に耽られるやうな住居」 〔管子‐内業〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「思索」の解説

し‐さく【思索】

[名](スル)論理的に筋道を立てて考えること。思惟。「思索にふける」「人生の意味を思索する」
[類語]思い考え思考一存想念思念ねん気持ち感懐感想所懐胸懐心懐胸中心中しんちゅう心事心情心境感慨万感偶感

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「思索」の解説

【思索】しさく

思いめぐらす。考え求める。宋・朱熹〔伯崇に答ふる書、十三〕良(まこと)に務めて智力を以て探取するに(よ)り、(すべ)て涵の功無し。(こ)の以(ゆゑ)に(ここ)に至る。以て戒と爲すべし。然れども其の思索到の處に至つては、亦た何ぞぶべけんや。

字通「思」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android