コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思索 シサク

デジタル大辞泉の解説

し‐さく【思索】

[名](スル)論理的に筋道を立てて考えること。思惟。「思索にふける」「人生の意味を思索する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しさく【思索】

( 名 ) スル
筋道を立てて深く考えること。思惟。 「 -にふける」 「静かに-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思索の関連キーワードヒューム(Thomas Ernest Hulme)トーマス・アーネスト ヒュームビンゲンのヒルデガルトの世界シーグフリード シーウェルツヘンリーライクロフトの私記学びて思わざれば則ち罔しフィールド・ノートスペキュレーションシュリ・プリュドムバラトゥインスキー竹沢先生と云ふ人ツッカーカンドルフリョーディングタルコフスキードンキホーテ型学ぶに如かずハムレット型アップダイクカザンザキス半跏思惟像

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思索の関連情報