コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力の合成 ちからのごうせいcomposition of forces

1件 の用語解説(力の合成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力の合成
ちからのごうせい
composition of forces

(1) 質点に作用する多数の力 f1f2 ,… は力の多角形の方法で合成されて,合力 F がベクトル和として求められる。つまり Ff1f2+… である。 (2) 剛体に作用する多数の力 (点 P1f1 ,点 P2f2 ,…) は,剛体内の任意の点P に作用する合力 Ff1f2+… と1つの合偶力 Nr1×f1r2×f2+… とに合成される (ただし ri=PPi ) 。なぜなら,点 P1 に作用する力 f1 が剛体に及ぼす効果は,点P に作用する力 f1 および偶力 n1r1×f1 (点 P1 に作用する力 f1 と点P に作用する力 -f1 の対がつくる偶力) と同等である。点 P2 に作用する f2 ,… も同様である。1点P に作用する力 f1f2 ,… および偶力 n1n2 ,… はそれぞれ別々に合力 F および合偶力 N に合成されるからである (図参照) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

力の合成の関連情報