コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力の合成 ちからのごうせいcomposition of forces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力の合成
ちからのごうせい
composition of forces

(1) 質点に作用する多数の f1f2 ,… は力の多角形の方法で合成されて,合力 F がベクトル和として求められる。つまり Ff1f2+… である。 (2) 剛体に作用する多数の力 (点 P1f1 ,点 P2f2 ,…) は,剛体内の任意の点P に作用する合力 Ff1f2+… と1つの合偶力 Nr1×f1r2×f2+… とに合成される (ただし ri=PPi ) 。なぜなら,点 P1 に作用する力 f1 が剛体に及ぼす効果は,点P に作用する力 f1 および偶力 n1r1×f1 (点 P1 に作用する力 f1 と点P に作用する力 -f1 の対がつくる偶力) と同等である。点 P2 に作用する f2 ,… も同様である。1点P に作用する力 f1f2 ,… および偶力 n1n2 ,… はそれぞれ別々に合力 F および合偶力 N に合成されるからである (図参照) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

力の合成の関連キーワードダランベールの原理プッシュプル増幅平行四辺形ステフィンステビンヘビ主権