コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偶力 ぐうりょく couple of forces

6件 の用語解説(偶力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偶力
ぐうりょく
couple of forces

力対ともいう。物体の 2点A,Bに働き,大きさが等しく,互いに平行で逆向きの二つの力 F,-F の対を偶力という。点Bを原点とした点Aの位置ベクトルr とするとき,点Aに働く力 F の点Bに関するモーメント r×F を偶力のモーメントといい,その大きさは hF である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぐう‐りょく【偶力】

物体の異なる二点に作用する力で、大きさが等しく方向が反対で作用線が平行な一対の力。物体の回転運動を生ずる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

偶力【ぐうりょく】

大きさが等しく,方向が互いに平行で逆向きな二つの力の組。剛体に働く偶力は,その並進運動に作用せず回転運動だけに影響する。力の大きさと作用線の距離との積を偶力のモーメントといい,2力をF,−F,−Fの作用点を始点としFの作用点を終点とするベクトルをrとすると,r×F(外積)で表される。
→関連項目歳差運動トーションバランスモーメント(物理)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぐうりょく【偶力 couple】

大きさが等しく互いに平行で反対向きの力Fと-Fが一つの物体に働き,それらの作用線(力の働く点を通り力の方向に引いた直線)が一致しない場合に,この2力を1対にして偶力という。偶力は重心の運動には影響を与えず,物体が剛体の場合には回転運動だけを変化させる。力の大きさをF,作用線間の距離をdとすると,剛体に対する偶力の働きはFdの大きさと2力を含む面の方向だけで決まるので,大きさがNFd,2力の作用線を含む面に垂直でかつその偶力で右ねじの進む向きを方向とするベクトルNで表し,これを偶力のモーメントという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぐうりょく【偶力】

異なる作用線上にあって、大きさが等しく平行で逆向きの二つの力。物体の回転運動を変化させる作用をもつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偶力
ぐうりょく

大きさが等しく、互いに平行で、反対向きの二つの力が一つの物体の異なる作用点に働くとき、この二つの力を1対として取り扱い、偶力という。この1対の力は物体の重心の運動を変化させず、物体の回転のみを引き起こす。一般に剛体(広がりのある固い物体)の運動は、重心の運動と重心の周りの回転運動に分けられる。前者は剛体の各点に働く力のベクトルの和によって支配され、後者はそれぞれの力の回転させる能力、すなわち回転のモーメントの和によって支配される。偶力の場合、二つの力f1f2のベクトルの和f1f2は、f2=-f1であるからゼロとなり、重心の運動は不変である。したがって、静止している剛体に偶力が作用した場合には、全体として物体が移動することはない。しかし、回転モーメントの和は、二つの位置ベクトルをr1r2としたとき、ベクトル積を用いて
 r1×f1r2×f2=(r1r2f1
となり、相対位置ベクトルr1r2f1と平行でない限りゼロにならない()。平行の場合は二つの力の作用線が一致する。
 一般に、偶力の回転モーメントの大きさは、ベクトル積の定義に従って、二つの力の平行な作用線の間の距離をl、力の大きさを|f1|=|f2|=fで表すと、それらの算術積flで与えられ、一つ一つの力の作用点によらない。lは偶力のうでの長さとよばれ、てこの原理のうでの長さに対応する。[阿部恭久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偶力の関連キーワード運動の第三法則対頂角直径相等しい正方形対向背中合せ等軸ラウドネス平行ソレノイド則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偶力の関連情報