コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加宿 カシュク

デジタル大辞泉の解説

か‐しゅく【加宿】

江戸時代、人家が少なくて人馬を出しにくい宿駅で、地続きの一、二の隣村をこれに加えて一か宿の用を勤めさせたこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしゅく【加宿】

江戸時代、人家が少なく人馬を出しにくい宿駅で、隣村を加え人馬の供出に当てさせたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

加宿の関連キーワード宿場/五街道宿駅一覧埼玉県草加市高砂草加せんべい江戸時代日光街道白須賀供出藤川布田二川