加藤 清政(読み)カトウ キヨマサ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

加藤 清政
カトウ キヨマサ


肩書
元・衆院議員(社会党),元・千代田区長

生年月日
大正6年1月10日

出生地
長野県

学歴
法政大学法学部〔昭和15年〕卒

経歴
戦後、千代田区役所主事をへて都職労青年部長。昭和22年から千代田区議3期、都議4期。47年東京1区から衆院に初当選、51年再選に失敗。54年飛鳥田・社会党委員長の出馬に伴い立候補を断念、参院選に立候補したが落選。56年1月自民党推薦で千代田区長に当選、2期つとめた。

受賞
紺綬褒章〔昭和33年〕 藍綬褒章〔昭和45年〕 勲三等旭日中綬章〔昭和63年〕 千代田区名誉区民〔平成1年〕

没年月日
平成7年12月7日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android