出馬(読み)しゅつば

精選版 日本国語大辞典「出馬」の解説

しゅつ‐ば【出馬】

〘名〙
① 馬を出すこと。
※西宮記(969頃)三「諸家出馬装束〈略〉倭鞍、菖蒲形、杏葉、雲珠、尾袋」 〔春秋左伝‐襄公九年〕
② 馬に乗って出かけること。特に戦場に出向くこと。出陣。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・常山紀談(1739)六「大敵を前に置き、出馬(シュツバ)すべきとは後れたり」
③ 重みのある人物がある場所に出向いたり、事に臨んだりすること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「鈴江君の叔母君は出馬して、松村老人や新五と初対面の一幕が中々賑やかであった」
④ 選挙に立候補すること。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「代議士に出馬することを」
※競馬(1946)〈織田作之助〉「これならば絶対確実だと出馬表に赤鉛筆で印をつけて来たものも」

いで‐うま【出馬】

〘名〙 放し飼いの馬。放馬(はなちうま)
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「鳥うたへば、出馬おほくあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出馬」の解説

しゅつ‐ば【出馬】

[名](スル)
馬に乗って出かけること。特に、戦場に出向くこと。
地位の高い人などが、その場に出向いて事に臨むこと。「社長自身が出馬して交渉に応じる」
選挙に立候補すること。「参院選に出馬する」
[類語]立候補

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android