出馬(読み)シュツバ

  • いでうま

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
馬に乗って出かけること。特に、戦場に出向くこと。
地位の高い人などが、その場に出向いて事に臨むこと。「社長自身が出馬して交渉に応じる」
選挙に立候補すること。「参院選に出馬する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 放し飼いの馬。放馬(はなちうま)
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「鳥うたへば、出馬おほくあり」
〘名〙
① 馬を出すこと。
※西宮記(969頃)三「諸家出馬装束〈略〉倭鞍、菖蒲形、杏葉、雲珠、尾袋」 〔春秋左伝‐襄公九年〕
② 馬に乗って出かけること。特に戦場に出向くこと。出陣。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・常山紀談(1739)六「大敵を前に置き、出馬(シュツバ)すべきとは後れたり」
③ 重みのある人物がある場所に出向いたり、事に臨んだりすること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「鈴江君の叔母君は出馬して、松村老人や新五と初対面の一幕が中々賑やかであった」
④ 選挙に立候補すること。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「代議士に出馬することを」
※競馬(1946)〈織田作之助〉「これならば絶対確実だと出馬表に赤鉛筆で印をつけて来たものも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android