コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤連三郎 かとう れんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤連三郎 かとう-れんざぶろう

?-? 明治時代の陶業家。
愛知県の陶業をいとなむ家に生まれ,瀬戸陶磁工組書記長をつとめる。瀬戸をおとずれる人たちに,陶業の歴史や現況を案内し,瀬戸の生き字引ともいわれた。筆名を加藤弓影といい,瀬戸焼の書「をはりの花」の共著者のひとり。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android