コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀の千代

デジタル大辞泉プラスの解説

加賀の千代

古典落語の演目のひとつ。元は上方の「にわか」。三代目桂三木助によって東京に移された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の加賀の千代の言及

【千代女】より

…江戸中期の俳人。加賀国松任の人。父は表具屋福増屋六兵衛。12歳のころ奉公した本吉の北潟屋主人岸弥左衛門(俳号半睡,のち大睡)に俳諧を学び,16歳のころすでに地方の女流俳人として名を成したが,17歳のとき支考に見いだされてからはいっそう有名になった。一説によると18歳で金沢の足軽に嫁ぎ,子どもを1人なしたが,25歳のとき夫に先立たれ,次いで子どもも死んだので実家にもどったという。1753年(宝暦3)剃髪して尼となり,素園と号した。…

※「加賀の千代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加賀の千代の関連キーワード中本 恕堂古典落語加賀千代中本恕堂千代女松任

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android