コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代女 ちよじょ

7件 の用語解説(千代女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千代女
ちよじょ

[生]元禄16(1703).加賀
[没]安永4(1775).9.8. 加賀
江戸時代中期の女流俳人。別号,素園。 51歳頃剃髪して千代尼と呼ばれた。加賀の松任 (まっとう) の表具屋福増屋六左衛門 (一説に六兵衛) の娘。半睡,支考,廬元坊らの教えを受けた。通説では 18歳の頃,金沢藩の足軽福岡弥八に嫁し1子をもうけ,夫や子に死別して松任に帰ったというが,結婚しなかったという説もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちよじょ〔ちよヂヨ〕【千代女】

[1703~1775]江戸中期の女流俳人。加賀の人。各務支考(かがみしこう)中川乙由(なかがわおつゆう)らに学んだ。晩年には剃髪し、素園と号した。句集「千代尼句集」「松の声」など。加賀の千代。千代尼。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千代女【ちよじょ】

江戸中期の俳人。千代,千代尼,素園,また加賀(かがの)千代とも。加賀松任の人。表具屋の娘として生まれ,17歳のとき,北越行脚(あんぎゃ)中の支考にその才を認められ,諸国に知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代女 ちよじょ

加賀千代(かがの-ちよ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ちよじょ【千代女】

1703‐75(元禄16‐安永4)
江戸中期の俳人。加賀国松任の人。父は表具屋福増屋六兵衛。12歳のころ奉公した本吉の北潟屋主人岸弥左衛門(俳号半睡,のち大睡)に俳諧を学び,16歳のころすでに地方の女流俳人として名を成したが,17歳のとき支考に見いだされてからはいっそう有名になった。一説によると18歳で金沢の足軽に嫁ぎ,子どもを1人なしたが,25歳のとき夫に先立たれ,次いで子どもも死んだので実家にもどったという。1753年(宝暦3)剃髪して尼となり,素園と号した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちよじょ【千代女】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千代女
ちよじょ
(1703―1775)

江戸中期の俳人。一般に加賀の千代、また千代尼ともよばれる。加賀国(石川県)松任(まっとう)(白山(はくさん)市)の表具屋の女(むすめ)。通説によると、18歳のとき金沢藩の足軽福岡家に嫁し、一男をあげたが、まもなく夫に死別、子も早世して松任に帰ったと伝えられるが、文献的にはむしろ未婚であったことを証するものが多い。早熟で、16、7歳のころから俳諧(はいかい)の才が近国に評判となり、美濃(みの)派の支考、伊勢(いせ)派の乙由(おつゆう)らにも認められて、当時としては珍しい女流俳人として名声をほしいままにした。剃髪(ていはつ)は51歳のころで、以後素園と号している。作風は概して通俗的であり、とくに気のきいた理知の働きを含んだ風調が、当時世の人々に喜ばれた。句集に『千代尼句集』『松の声』。墓所は不明である。[堀切 實]
 朝顔に釣瓶(つるべ)とられてもらひ水
『中本恕堂編『加賀の千代全集』全1巻(1958・同書刊行会) ▽中本恕堂著『加賀の千代研究』(1972・北国出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千代女の言及

【松任[市]】より

…市域中央部を北陸本線,国道8号線が並走し,海岸沿いに北陸自動車道が通じ,美川インターチェンジが近い。なお俳人千代女の出身地で,中町の聖興(しようこう)寺には千代尼塚や千代尼遺芳館がある。【斎藤 晃吉】。…

※「千代女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千代女の関連キーワード飯島珈凉金森桂吾中尾宗言舎羅陸雲子岱久加賀千代一菊田中其汀貞佐(1)帒一

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千代女の関連情報