コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘注 カンチュウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ちゅう【勘注】

調査して記録すること。また、その文書

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんちゅう【勘注】

調査記録すること。また、その文書。 「不熟損亡の-、算用散失の都合/庭訓往来」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の勘注の言及

【勘文】より

…〈勘〉はかんがえるの意。勘状,勘注あるいは注進状ともいい,先例を上申したものは勘例ともいう。勘文の内容はきわめて多種類にわたるが,おおむね朝廷の諸事は太政官の外記と史が,日時・方角については陰陽道,日・月食の時刻は暦・算・宿曜道の諸家が,改元の年号は儒家が,犯罪人の量刑については法家が勘申した。…

※「勘注」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勘注の関連キーワード四天王寺(三重県)藤原敦光籠神社勘文

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android