コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝助 しょうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝助 しょうじょ

?-? 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇(在位1242-46)の皇子。
出家して真言宗仁和(にんな)寺にはいり,のち同寺保寿院の住持となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝助の関連キーワードシェフチェンコ(Taras Grigor'evich Shevchenko)野沢 喜左衛門(1代目)野沢 喜左衛門(初代)尾上 蟹十郎(3代目)カイロプラクティックスポンディロテラピービベロ・イ・ベラスココツュビンスキーオステオパシー竹本 藤太夫皮膚電気抵抗ビスカイノ平田百曲伊藤雋吉東洋医学蛮社の獄鎌倉時代遠藤鶴洲司馬芝叟下村庄助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝助の関連情報